TOP

悲しいですけど私はこれで風俗を卒業しようと思います!

おっぱいについて

おっぱいを表現する際に、貧乳と巨乳という表現をしますが、そもそもどこからが貧乳なのか、巨乳なのか分かりません。また、それ以外に普通のおっぱいの人を呼ぶ言葉もないですよね。一般的に言うならば、私は巨乳の方が好きですが、貧乳も好きです。でも、貧乳という言葉は悪い表現をしているようで嫌いなのです。デリヘルを利用するときはおっぱいをメインで考えて選んだりしますが、美乳という表現はよく分かりません。美しい乳のことなのでしょうが、それだけだと小さいのか大きのかわかりませんよね。何が言いたのかというと、おっぱいは大きくても小さくても、それぞれ良い部分があるので、マイナスな表現はしないで欲しいのです。たとえ小さくても形が綺麗、色、揉みごたえ、感度など、色々他にも良い部分がたくさんありますので、むしろHPなどの表現はサイズと写真のみで良いと思います。個人的には片手で揉んでちょっと余るぐらいの大きさがベストですね。

一つ一つのプレイが手抜きなしです

ちょっと前からホームページをチェックしてたのですけど、風俗情報の口コミも掲載されてなく初めての利用です。ドキドキしながら性感エステ店にTELをすると男性スタッフが親切丁寧な応対で詳しく説明してくれました。ドライバーと到着時間の確認との事で一度TELを切って、少ししたら住所の確認が取れました。今回は自宅にデリバリーしてもらうのです。ですので、大まかな到着時間を教えてくれて女の子の到着を待ちます。予定より少し早く性感マッサージ嬢が到着です。部屋に入ってもらって到着した事を性感エステ店にTELをして、女の子にプレイ料金を先に支払いプレイスタート。ゆっくり焦らされながら洋服を脱がしてくれて、乳首攻めから始まり肛門をほぐされて前立腺攻撃です。その後もペニバン挿入でドライで逝かされてしまい、その直後に手コキでフィニッシュです。めくるめく快感で気持ちよかったと思いきや再び乳首攻めです。ようやくプレイが終わりクタクタになりながらシャワーで綺麗にしてくれて話をしながら道具類の後片付けです。タイマーが鳴りちょうどいいタイミングで終了。駆け足で書きましたが一つ一つのプレイが濃密でしたよ。

セクキャバのことを舐めていた。

正直、「セクキャバってムラムラするだけで、殆ど何もできないじゃん」と思っていました。しかし、行ってみると楽しすぎましたね。女の子と楽しくトークをしながら、お酒が飲めるというのは普通のキャバクラと同じ感じ。でも、セクキャバは女の子の身体をべたべた触って良いんです。つまり、おっぱいを揉んだり、アソコを触ったり出来るんですよね。もちろんキスもしてくれますし、うまい子になるとディープとかもしてくれますからね。今まで使わずに、なめきっていたのですが、全然楽しかったです。今まで達観していて、全然使おうと思っていなかった自分に反省ですね。これからは女の子との楽しい時間を過ごすために、色々とやってみたいなぁと思っています。まぁ、あくまでも楽しくお酒を飲んで、女の子と語るというのがメインなので、その点は間違えてはいけないですけどね。でも、抜きがないので、結局ムラムラするのは当たっていました。家に帰ってから一人で抜くのは若干空しかったです。